弊社は沢山の企業や店舗を眺めてきました。

・ああしたらよくなるのにな…

・こうしたらよくなるのにな…

・それはやっちゃまずいでしょう…

色々なケースがありました。

その中で半分以上を占める程多かった内容

「ビッグデータを持っているのに活用していない」

「データの抽出方法を知らない」

「店長ですら肌で感じた不透明な内容を信じて疑わない」

これ、とてももったいないことです。

弊社もしかり、いや弊社はその最たるほうだったとあえて過去形でお伝えしたいです。

意外や意外、データをきちんと分析してみると、「この人すごい!」と皆さんがまつり建てている方より「いつも怒られるタイプの方」のほうがはるかに営業成績が良い事が発覚しました。

そして全然目立たないAさんが実は物販部門の通年エースだったなんて・・・。

と驚くばかりです。

データというものは人間のあいまいな判断よりもレッテルを張らない&エコひいきしない分確実です。

せっかくのデータをうまく活用しましょう。

 

まず、日報を作ります。入れ込みたい内容をご相談させて下さい。

その後出来上がった日報で個々に社員さんから日々の日報ををもらい分析します。個別に出してほしい項目をお伝えいただければ可視化してご返却いたします。

過去の分析に対しては質量・データ量により要相談とします。

 

POINT

日報のフォーム以外は全部エクセルで完結します。

なぜ?

みんなワードとエクセルしか使わないでしょ?

アクセス使えます?

PCによっては入ってなかったりしませんか?

エクセルだけで十分です。そのうち編集がどうだとか騒ぎますが、騒ぐ必要ないのです。弊社が集計しますので。

システムを買い取りたい企業様ございましたら御社担当者様に仕様をお伝えし、利用できるようご案内いたします。

その時は修正もできるように少しばかり勉強してもらいますが、少しかじればわかります。